オンラインラボのフォトブック'S

オンラインラボのフォトブック’Sで作った旅行写真集の感想です。


100ページで2,480円なら写真プリントと同じ。データ保存の代わりに、失敗写真以外は全部豪快に掲載する。そんなスタイルで気軽に作れるフォトブックでした(※性格的に、スパッと作れない私ですが(笑笑)。

100ページは3-4日の旅行写真の量

注文したフォトブック’Sが5日ほどで届きました。

オンラインラボのフォトブック'Sの到着した時の写真

以前からフォトブック「写真ブック」で作るつもりだった新婚旅行の写真たちをデータ保存目的でフォトブック’Sで一気に写真集にしました。
(※携帯電話で撮影した写真をフォトブック’Sにまとめる人も多いらしい)

フォトブック’Sは手軽にバッグインできる大きさ・軽さ

フォトブック’Sを実際に手に取ると、いい感じ。大きすぎず小さすぎず。「写真ブック(ベーシック)」より一回り大きいけれど、ほぼCDサイズなので手軽に持ち運べます。

オンラインラボのフォトブック'Sの到着した時の写真

各ページの写真サイズがL版プリント写真と同じだったので、写真の大きさもちょうどいいです。

▼フォトブック作成はこちらから
オンラインラボ

普通紙だからアイディアいろいろ。画質は好みによりけり。

フォトブック’Sは普通紙です。普通紙と写真専用紙の違いはインクの吸い方やプリント後の紙の平らさなどだそうですが、画質なので好みによるところも大きい気がします。

1枚1枚を比べると厚みと質感(光沢)に違いを感じます。

オンラインラボのフォトブック'Sと写真ブックを比較した写真 オンラインラボのフォトブック'Sと写真ブックを比較した写真

その他、フォトブック’S(左・100ページ)と写真ブック(右・32ページ)の全体の厚みがだいたい同じでした。

オンラインラボのフォトブック'Sと写真ブックを比較した写真
普通紙であることを活かしたアイディア

自主製作の画集やカタログなどにも適していると思いました。また最大で100ページ作れますが、写真をアップしなかった残りはメモページになるので、手帳やダイアリーを作っても面白そう!!

普通紙だからこそ、のアイディアも広がります。

▼フォトブック作成はこちらから
オンラインラボ

記録・保存のために作るフォトブック

夫婦で久しぶりに新婚旅行の写真を見ました。写真には簡単な説明(「地名」「動物名」など)を入れ、当時を思い出しやすくしたので、話題も弾みました。

オンラインラボのフォトブック'Sの中身

載せられる写真の量が多いし1枚あたり25円なので、気軽。通常のフォトブックだと写真選びにかなり悩みますが、これならシビアに写真を選ばなくて済みます。

写真に入れられるコメントは100ページ分となるとかなりの量。時間もかかるので、コメント無しで作っておいて、後で手書きしても素敵。スタンプやシールでデコしたら楽しいだろうなあ。

データ保存の保険として

DVDのデータは永久に保存されるものではないから、実は不安でした(アナログ人!)。そこで、ネガ代わりにフォトブック’Sにおおまかに保存するのもありだな、と思い始めています。100ページ2,480円という写真プリント並みの手軽さがフォトブック’Sのよいところ☆

▼フォトブック作成はこちらから
オンラインラボ

作るときに意識しておきたいこと

【データ名】写真のデータ名を変更しているなら要確認。半角カナとの記号「&%;.,+()」を使っていると、アップロードされません。アップロードされなかった写真を最後に追加できますが先にアップロードした写真の並び順に差し込むことはできません。順番にこだわる場合は、最初に写真データ名のチェックする方が良いです。

【作業時間】100枚以上のデータから写真を選び、地名などを調べながらコメントを書くには2-3時間が必要です。作業を中断・保存する機能が今はないので、夕方遅くから始めると夕食に影響が・・・(by経験者)。最初に時間を十分見積もると慌てません。