スピードラーニング英語第13巻

MP3で英会話を聞き流す毎日、まだ続いています。忙しい人の学習方法はシンプルが一番ですね。


簡単な方法でもスピードラーニング英語の成果は少しずつ出ていることをフリートークで実感。聞き流し学習、やっぱり良いですよ^^v

外国語の聞き流し術が身についてきました

アフィリエイトモニターさせていただいているスピードラーニング英語も第13巻「教育」まで進みました。ちょうど2ndステップに入ったところでしょうか。シチュエーション別だった内容がテーマ別に変わります。

既存の教材を録音したMP3プレイヤーに新しい教材を付け足す方法で聞き流しているので、新しい教材のリピート率が低いのが難点です。7巻以降を重点的に聞き流せるようにMPの内容を整理する時期に来ているのかなあ。

フリートーク3回目で感じたスピードラーニング英語の2つの効果

一昨日はフリートーク3回目を体験しました。詳しくは三回目のフリートークは、本当にフリートークでしたに書いています。今回は「聞き流しを続けると、実際の英会話も聞き流せるようになること」と「シチュエーション別英会話教材によって、簡単な挨拶の返事が身についていたこと」を実感しました。

相手がいても聞き流せば理解できる

今回のフリートークはまったく筋書きが無く、友人との井戸端会議みたいなものでした。私の英語力、知ってるん?と突っ込みたくなるような汗だくシーンもあり、聞き取れない、どうしようと焦りそうになりました。

ところがその時、私は「聞き取っちゃだめ、聞き流すそう」ととっさに思いました。不思議ですね、相手がいるのに聞き流そうだなんて。

スピードラーニング英語の聞き流しに使っているMP3プレイヤー

だけど会話ってそんなに必死で言葉を追わないですよね。日本語でも英語でもそこは同じだと仮定して、思い切ってフリートークでも聞き流しに徹しました。

残念ながら、理解できない英文はありました。英語力が未熟なので辛抱です。でも焦ったり恥ずかしがったりせずに会話を続けることができました。聞き流しに慣れていて、聞き取りが完璧でなくても気にせず会話に耳を傾ける術が身についているのかもしれない、と思いました。

すごく小さなことなんですが、今後も外国人と会話をしていく上で、この気楽な姿勢=聞き流し術は役立ちそうです。意外なところでスピードラーニング英語、ありがとう、という気持ちになりました。

セオリーの挨拶英会話が自然できた

「英語が自然と出てきました」というスピードラーニング英語の感想がありますね。「ちょっと信じられないなあ」というのが私の予測でした。ところが、フリートーク第3回目では「もしかしたら本当?」と思う体験をしました。

スピードラーニング英語第12巻までには「Have a nice day!」などに対して、「You,too!」と返事するシーンが何度も出てきました。「Thank you!」「It’s My pleasure」なども。

スピードラーニング英語第12巻のテキスト

教材で繰り返し流れる一対の会話は、聞き流しを続けるとそのまま身につくようです。フリートークの最後に「Have a nice day!」と声をかけられ、「You,too!」と答えた自分に驚きました。「おお、おおっ!自然と口から英語が出たっ!!」です(笑。

「You」「Too」は誰でも知っている単語。そんな単語を話せたからってどうなの?って感じです。でも、こと英会話では「Excuse me」すら出てこないもの。いきなり「Do you・・・」と見ず知らずの人に声をかけてしまう教科書英会話をネイティブの英会話講師に注意された苦い思い出があるので、単語を知っていることと会話で自然と話せるか別だと思います。

だから「You,too!」が嬉しかったです。

MP3プレイヤープレゼントキャンペーンは5/31まで

聞き流しにはMP3がお薦め。小さくてどこにでも携帯できることとがポイントです。個人的には機能がほとんどついていないものがいいと思っています。
(参照:聞き流しを続けるコツは仲間と実感とシンプル化