ニッセンのカリーバッグ(アルミフレームタイプ)

ニッセンのTSAロック付トラベルキャリーバッグにアルミフレームが登場。


開閉のしやすさや丈夫さからニーズは高かったみたいで、アルミフレームタイプは好評みたいです☆


アルミフレームタイプは頑丈、開閉しやすさが好評

これまでファスナータイプのトラベルキャリーバッグのみを扱っていたニッセン。新たに発売になったアルミフレームタイプを2009年10月リンクシェア見本市で取材したので感想をレポートします。

アルミフレームだから開閉しやすい

ニッセンのトラベルキャリーバッグ(ファスナータイプ)は「開閉しづらい」という感想が少しありました。ファスナータイプのスーツケースは街中でも半開きにできる点が利点ですが、海外旅行や出張では自宅やホテルでの開閉しやすさが大事ですよね。この点はアルミフレームに分があると言えなくありません。

ニッセンのカリーバッグ(アルミフレームタイプ)

アルミフレームタイプのキャリーバッグを開いた写真です。アルミフレームで囲まれているので安定感があります。開閉はキャリーバッグを閉じて、持ち手の両脇の飛び出ている部分を抑えるだけ。

荷物でパンパンになったスーツケースを上から押さえて留めるだけ。ファスナータイプは、スーツケースを抑えながらファスナーを閉じなければいけませんから、アルミフレームはやはり閉じやすいと言えるでしょう。

20インチ(56リットル)や29インチ(98リットル)のように大きなサイズは、開閉のしやすいアルミフレームを選ぶほうがよいと言えるかもしれません。

トラベルキャリーバッグ (ファスナータイプ)


NEWキャリーバッグ (ファスナータイプ)

TSA対応ロックは鍵穴タイプ

アルミフレームタイプにはTSA対応の鍵穴タイプのロックが付いています。ファスナータイプはダイヤル式でした。

ニッセンのカリーバッグ(アルミフレームタイプ)

ちなみに私はダイアルロックせずノーロックでグアムの空港で搭乗手続きをしました。空港の係官が英語で「鍵はしていませんね?」と繰り返し聞くので、英語で「TSAロックだよ」と説明する自信がなかったからです・・・(笑。

頑丈だから安心、だけど重量は少しアップ

アルミフレームタイプのトラベルキャリーバッグは丈夫で安定感がありました。一般に、スーツケース専門店ではアルミフレームタイプの方が頑丈と紹介されていますので、頑丈なスーツケースを探している場合はアルミフレームのスーツケースを選ぶのが安心ですね。

ニッセンのカリーバッグ(アルミフレームタイプ)

ファスナータイプの軽さをとるか、アルミフレームの頑丈さを選ぶかと考えてもいいですね。

 アルミフレームタイプファスナータイプ
25インチ
(33リットル)
3.9kg3.4kg
25インチ
(56リットル)
5.8kg4.5kg
29インチ
(98リットル)
7.2kg5.6kg

アルミフレームタイプのカラーは現在7色(うち2色は先行予約中)

現時点ではアルミフレームタイプの色が限定されています。2009年11月8日現在で7色ですね(うち2色は先行予約中)。ファスナータイプの方が色は豊富なので見た目を重視したいならファスナータイプもお薦めです。

だけど、頑丈さや安心を重視したい場合はアルミフレームかなぁ。
スーツケースの取扱いが荒いといわれる海外空港を利用する、56リットルや98リットルのスーツケースを探している場合などはアルミフレームにしておく方が使いやすいかもしれません。

アルミフレームタイプのサイズ

ご注文>>トラベルキャリーバッグ (ファスナータイプ)

25インチ
(33リットル)
幅39
奥行23
高さ55.5から96cm
25インチ
(56リットル)
幅46
奥行28
高さ70から100cm
29インチ
(98リットル)
幅54
奥行33
高さ82から105.5cm
ニッセントラベルキャリーバッグのその他の感想記事はこちら