購入したScanSnap iX500という富士通のスキャナの画像

富士通のスキャナ「ScanSnap iX500」の購入レビューです。


本や資料をスキャンして部屋を片付けようというのが購入動機。ScanSnap iX500に決めた理由は、何百ページもの本をスキャンするのにストレスを感じたら使わなくなるかも、というのがあったから。


“私の場合”はこの選択でよかったかな~と思っています。

本ごとスキャン(自炊)するならスキャン速度重視

カタログ・資料や古い本が捨てられないなら、スキャンしてpdfしよう!と思い立ち、とうとう昨年末に富士通 scansnap iX500を買いました。

スキャナの知識はなかったのでネット検索してメーカーを富士通(PFU)に決定しました。付属のソフトが優秀でスキャナブランドとしても定評があるのが理由です。

scansnapの中で機種選びに悩む

悩んだのは機種。最初は一番小さくて安いScanSnap S1100なら気軽に買えると思いました。しかしごりゅうごさんの新型ScanSnap iX500 のレビューを読んで、本をスキャンするなら読み取り速度はかなり大事であることを知ります。

私は本棚の予算でスキャナを!と考えていました。だから本はスキャンするし、OCR化(文字検索できるpdfにすること)もする予定。そして仕事でスキャナを使う夫からもスキャン速度は大事だとダメ押しされたのでScanSnap iX500 に決めました。

▼AmazonのPFU公式サイトで買う

>>FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

▼楽天市場の公式サイトで買う
>>PFU ダイレクトストア 楽天市場店

ちなみに、資料と名刺のスキャンならS1300iも使いやすいと思います。
>>scansnaps S1300iのモニターレビュー

早いぞScanSnap iX500

さあ、scansnap iX500。使うぞーと初めて原稿を流した時のあわてようが今でも笑えます。読み取りスピードが早くて自分が追い付かず(笑。25枚/分で、しゃっしゃっしゃーと原稿が流れてきます(動画24秒)。

そして付属ソフトは噂通り使いやすい。

ScanSnap Manager は読み取り条件も全部を1ファイルとして読み込む、片面両面自動判別の設定は当然できて、原稿が普通より分厚かったら「2枚重なってるかも?」と言ってくれたりします。ScanSnap Organizerは二つのpdfファイルを一つにしたりできるのでこちらもちょこちょこ使っています。

見た目と使いやすさが両立してたのも良かった

あと、電源オンオフとボタンまわりのデザイン。これが素敵。

カバー兼原稿トレイを開けたら自動で電源がオンになり。
購入したScanSnap iX500という富士通のスキャナの画像
ブルーに光る部分を押したらスキャン開始という無駄のない設計。美しすぎる。
購入したScanSnap iX500という富士通のスキャナの画像
(排紙スピード、速い。シャーというよりシャッシャッシャッ。)

無駄のない設計ゆえに、排紙トレイも美しく格納されています(私は教わってようやく存在に気づいた・・・)
購入したScanSnap iX500という富士通のスキャナの排紙部分の写真1
本体のこの部分が開くんですよ。それがスタッカー。ギラッと感のある雰囲気に一変してカタログの本体写真と同じ姿がお目見えします↓↓↓。
購入したScanSnap iX500という富士通のスキャナの排紙部分の写真2
(訂正:2013.3.21、別売りスタッカー「FI-X50STCJ」は購入したときに、すでに本体についています。Thanks! urumeiwashiさん)
排紙トレイはなく、机にシャーシャーっと原稿が吐かれます。オプション品を買えばここも美しくなりますが、いまは堅めの厚紙で代用しています。

さーっと駆け足になっちゃいましたが、年賀状のスキャン(住所管理に便利)、名刺スキャンやカタログスキャンに書籍スキャンと本棚以上に役に立ってくれています。

ちなみにix500にはadobe Acrobat X Standard(単品価格 約3万円)もついています。

▼AmazonのPFU公式サイトで買う

>>FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

▼楽天市場の公式サイトで買う
>>PFU ダイレクトストア 楽天市場店