スピードラーニング英語第12巻

友人がニューヨークに短期滞在しました。あっという間だったはずなのにいろんな英会話体験をしたと聞いて私もウキウキ。


今日もスピードラーニング英語を聞き流しながら記事を書きます^^

聞かぬより、聞いてこそのスピードラーニング英語

今月から通常受講のはずでしたが、あと半年間アフィリエイトモニターさせてくださるとのこと。4月中ごろに第12巻「ニューヨークニューヨーク」が届きました。

半年前にスピードラーニング英語を通常受講しはじめた友人が、ちょうどニューヨークに行くとのことで、第12巻「ニューヨークニューヨーク」は私も一緒に行くような気持ちでテンションを上げて聞き流しました。

友人のニューヨーク体験とスピードラーニング英語

友人はニューヨークに3日ほど滞在。現地の方のアメリカンジョークで大爆笑したり値切り交渉に成功した話をしてくれました。英語でいろんな人とコミュニケーションしている姿が鮮やかに目に浮かびました。すばらしい3日間を過ごしてきたんだろうなあ。

彼女のスピードラーニング英語歴は半年。一度に4巻購入する方法で、6ヶ月の間に12巻まで進んでいました。毎月1枚ずつの私と隔月4巻ずつの友人と。受講スタイルに柔軟性があるのも良いですね。

友人は教材に登場した英語表現をニューヨークで実際に使ってきたようで、値切り交渉、モーニングコール、現地時間の質問などをしたとのこと。なんだかすごい!

トラブルの解決など細かな情報を伝える会話はできなかったそうですが、半年の聞き流しでそこまでコミュニケートできるんですね。友人がすごいのか教材が良いのか。。。甲乙つけがたいです(笑。

「周囲の英会話が雑音ではなく言葉として耳に入ってきた!」

友人の話で一番印象的だったのは「周囲の英会話が雑音ではなく言葉として耳に入ってきた。」という体験談。道ですれ違う人たちの英会話を理解できていたと言うんです。

英語⇒日本語訳⇒理解、じゃなくて英語⇒理解しているんだと感じました。スピードラーニング英語、1年後に感じた英会話力で私が体験したのと同じですよね。

スピードラーニング英語のCMでは体験者が「英語が英語で入ってきた」と語っていますが、友人も私も同じ体験をしました。体験コマーシャルに懐疑的な私も、今回ばかりは「ほんま、そうやねんなあ」と頷くしかなかったです(笑。

聞き流しを続けるコツは仲間と実感とシンプル化

スピードラーニング英語を聞き流し続けたら一定の効果があることがわかってきました。でも英語の聞き流しって飽きるんですよね。私も何度も中だるみしてます。

英語仲間

たとえばこのブログにコメントしてみる。英語コメントも、、、歓迎します(笑。

スピードラーニング英語のオフラインイベントに参加して仲間と交流するのもありですね。石川遼選手が登場する海外のゴルフトーナメントは必ず見て一方的に彼を仲間みたてるのは効果絶大です♪

自分の英語力変化を実感する

「聞いてて良かったかも」と思うだけでモチベーションが上がります。続いてこそ成果もでてくるので選んだ教材を信じる気持ちが大事。

スピードラーニング英語ならフリートークで実際に英会話してみるのが手軽です。私はフリートークで聞き流しの成果を感じ「英語を英語で理解している自分」にモチベーションがあがりました。

聞き流し作業はシンプルに
MP3プレイヤー

私はMP3プレイヤーに全教材を入れてまとめて聞き流しています。操作は電源のオンオフだけで聞く内容は選ばない、がマイルール。

聞く作業に頭を使わないことが良いと感じます。後まわしにすることが減りました。聞いてなくたって気にしない。それが聞き流し、と気楽に簡単に考えるようにしています。

スピードラーニング英語関連リンク