バリアーニオリーブオイル

アメリカ・カリフォルニアでイタリアからの移民バリアーニ一家が作るオリーブオイル。100g中に0.05gしか酸化物質を含まない力強いオイルです。


今回は、お料理ではなく、ヘアケアに使った感想をレビューします。

バリアーニ夫人が薦める「髪にオリーブオイル」を試して

数か月前、おいしいと感じるオリーブオイルに出会いました。今まで小さなボトルで数千円するオリーブオイルでも「オリーブオイルって本当に健康にいいんかなー美味しいんかなー、うーん」とスッキリしなかっただけに、大きな出会いでした。

だから今、「自分に合うオリーブオイル」に関心があります。

そんな折、バリアーニオリーブオイルのモニターレビューの話をいただきました。絶妙なタイミングに縁を感じました。

バリアーニオリーブオイル

バリアーニオリーブオイルはアメリカ・カリフォルニア州・サクラメントで、バリアー二一家が家族経営で作っているオリーブオイルです。なんだアメリカ、と思いましたがそれは偏見。

バリアーニ一家はイタリアからの移民で、イタリアでも珍しい自家農園栽培果実のみを原料とし、中世伝統製法-御影石のローラーで果実を轢いてドリップして一切加熱しない方法でオリーブオイルを作っています。

バリアーニオイルは100g中の酸化物質0.05gしか含まれていません。オリーブオイルの世界唯一の共通規格で100g中の酸化物質が1g以下をエキストラヴァージンと呼べるというからその少なさはすごい。

▼注文・詳細

【公式ショップ】日本ホールフーズ株式会社
【楽天市場】バリアーニオリーブオイル

食べた話は後日。まず、ヘアパックの話をさせて下さい

21日にバリアーニオリーブオイルが届いてから丸5日たちました。そのまま飲んでテイスティングし、サラダ・パスタやお魚のソテーなどで毎日食しました。さらにスキンケアにまで使うほど。

★食べた感想は
さわやかな料理に仕上がるバリアーニオリーブオイル – ちいつもblog

これは虜になってるかも、と思いつつ、さらなる探究の旅へ(笑。

バリアーニオリーブオイル

濡らした髪にオイルを薄く延ばして蒸しタオルでしばらくおいて、シャンプーで流すと書かれてあります。このオイル、かなり濃い感じがするけど大丈夫かなあ、というのが最初のイメージ。

私の髪は極細でコシがなく油分はNGなんです。わずかな油分でもペタンコヘアになるし、リンスを使うとベタベタになっちゃうんです。

だから、こんな私の髪でヘアパックして、バリアーニ当主夫人の言うように「違う髪の状態にきっと驚かれることでしょう」となれば、いよいよすごい、と思いました。

結果は。。。

バリアーニオリーブオイル

バリアーニオリーブオイルは食器洗いのときの油落ちがとてもよくて、そういうのが頭皮ケアの洗いあがりでも出たという感じです。

良いと思えるもので、きちんとケアするって大事だと改めて実感。肌に使うものなので、パッチテストとかちゃんとして、安心して使うのが良いですね。その意味では、お試しサイズとか120mlぐらいのボトルが発売になると嬉しいです。

調味料としての感想は後日^^

ところで最後に確認。バリアーニオリーブオイルはリッツ・カールトン東京 Towers Grillなどで使われている調味料のオリーブオイルです。

ということで、肝心の食べる話はまた後日(笑。

バリアーニオリーブオイル 関連リンク