国内線機内持ち込み手荷物サイズとニッセンのキャリーバッグ

2009年12月1日から国内航空各社で統一された持ち込み手荷物サイズ。


私が使っているニッセンのキャリーバッグが制限されるのか気になって調べてみました。

ファスナーもアルミフレームもわずかにサイズ制限オーバー

国内線機内持ち込み手荷物サイズが今月1日から国内航空各社で統一されたのは、手荷物サイズを越えた荷物の機内持ち込みが飛行機の時刻どおりの運行の妨げになっているからとか。

荷物が頭上の荷物入れに入らず貨物室に積みなおすなどの作業のために出発が遅れたりした回数が5,000件ぐらいになっている現状を良くしたいとのことです。

新基準は判断もシビアになる

手荷物サイズ制限の新基準は以下のとおり。機体の座席数に応じて2パターンあります。

飛行機の座席数サイズ
100席以上3辺の合計が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)
100席未満3辺の合計が100cm以内
(45cm×35cm×20cm以内)

3辺それぞれの長さだけでなく3辺の長さの合計基準も同時に満たしていないといけません。

20インチのニッセンキャリーバッグは機内持込が微妙

私が使っているニッセンのキャリーバッグ。20インチサイズでジッパータイプです。

国内線機内持ち込み手荷物サイズとニッセンのキャリーバッグの比較

ニッセンで公開されているサイズを新しい持ち込み手荷物サイズの基準に当てはめると、幅・奥行き・高さは基準をクリアしたものの合計サイズが計算上はオーバーしてしまいました。たった0.5cmですが機内持ち込みできないことになりました。

ただ、手荷物検査場の横×奥行のみのチェック枠はギリギリ通過するサイズなので、実際には持ち込めるようです。

アルミフレームタイプは横幅と奥行きで1cmオーバーしているので、計算上も実際も機内持ち込みが難しそうです。

改めて調べちゃうと微妙な感じですが、ニッセンのキャリーバッグはハードタイプのスーツケースなので、私は空港に着いたら預けるものというつもりで使ってきました。

急いでいるときに手荷物持込したこともあるんですが、機内で頭上の手荷物入れに入れるのも大変だったので、機内持込できなくなって案外良かったかも。これからはニッセンのキャリーバッグは預ける荷物!と良い意味で割り切れる気がします。

ソフトタイプのキャリーバッグは荷物の詰めすぎに注意

新しく実施される持ち込み手荷物の検査は保安検査場の手荷物検査機にゲートみたいなものがつけられるようになるので、そのゲートを荷物が通らなかった時点でアウト。手荷物検査ができないので持ち込みも不可となります。

ニッセンのキャリーバッグと違うソフトタイプのキャリーバッグを使っている方も、荷物を詰めすぎてバッグが膨らみ基準を超えるケースが考えられるので注意。特に外側のポケットへの詰め込みは控えた方が安心です。

ニッセンのキャリーバッグ関連リンク

冒頭の写真に写っているのはニッセンのスーツケースの変り種スケスケスケルトン。自分好みにアレンジすることができるとして意外にも売れているそうです。

トラベルキャリーバッグ (ファスナータイプ)


NEWキャリーバッグ (ファスナータイプ)