セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)(ワイヤーなし)

セシールがこの夏用に新発売した「呼吸するブラ」。

東レの特殊新素材「キュープ」という素材を、肌に触れる部分すべてに使っていて、サラッとした着け心地を実現したそうです。

夏になるとブラのアンダー部分の肌荒れ(汗疹など)が気になるなら、試してみる価値ありのシームレスブラジャーです。

通気性と着け心地でブラジャーのストレスを軽減

先月、東京の見本市で見つけたセシールの新しいブラジャー。東レの「キュープ」という高吸放湿新素材を使っていて、蒸れないブラジャーなんだそうです。

ブラジャーの蒸れって、言われてみれば不快ですね(そんなものだわ、と諦めていましたが)。カップ裏も汗は書きますが、むしろ伸縮素材を使っている脇や背中部分に肌トラブルが起きるときもありますもん。

東レのキュープの通気性はすごい

生地の通気性は、実際に購入しないとわからないですよね。メーカーの通気性あります、と言う言葉を信じるか信じないかにかかっている面が否めません。

ところが、今回のセシール「呼吸するブラ」の通気性はわかりやすい。「呼吸するブラ」に使われているカップが風をどれくらい通すか一目瞭然の動画があるので見てください。

筒の中央に「呼吸するブラ」のカップと普通のシームレスカップブラのカップがあって、下から風をブォーって吹き上げる映像なんですが、「呼吸するブラ」(左側)の筒に入っている羽は風に乗って浮き上がります。

※BGMはフリーBGM Music with myuuさんからお借りしました。

セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)

呼吸するブラのカップ風を通して(=通気性あり)すごいと思いましたが、同時に右側の普通のシームレスカップブラがほとんど風を通さないことにも驚きました。夏場のブラが暑いはずです。

肌に触れる部分すべてに高吸放湿素材

「呼吸するブラ」を実際に使った人の口コミレビューを読むと、通気性を実感している方が多いです。その理由の一つが、肌に触れる部分のすべてに、惜しみなく高吸放湿素材を使っていることだと思います。

セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)

ブラのカップ内側は全面が高吸放湿素材。ポツポツの凹凸がサッカー生地のようで涼しそうです。

こんなところも高吸放湿素材使用
セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)

セシールの「呼吸するブラ」の開発担当さんにお話を聞くことができたんですが、「呼吸するブラ」の通気性は、カップだけでなく、脇の部分(写真・右)、両胸の間部分(写真・下)や肩ひも(写真・右下)にまで新素材を使っていて、徹底してます。

肩ひも部分は、この特殊素材の凹凸がズレ防止の役割も果たしています♪

セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ) セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)

ちなみに、話をしてくれた「呼吸するブラ」に担当さんの説明はかなり熱かったです。夏場のブラジャーに対する女性の悩みを解決したい!という気持ちがバシバシ伝わってきました♪

締め付け感を減らすために、ゴムも凹凸素材でカバー

ブラの何が嫌ですか?と質問したら、ほとんどの方が窮屈さや締めつけ感と答えそうですよね。脇の辺りの肌への食いこみが肌トラブルになる場合も多いですし。

セシールのフルカップブラジャー(呼吸するブラ)

「呼吸するブラ」は、締め付け感を軽減してやさしい肌あたりを実現するために、脇の部分のゴムも凹凸素材でくるんでいます。
右の写真とお手持ちのブラを見比べてみてください。「呼吸するブラ」はゴム部分の凹凸がないでしょう?

こっそり本音を言うと、脇にあたるゴム部分って、張りついたり食い込んだりして夏場はかゆいんですよね。。。そのゴム部分がふわっとした凹凸素材でくるまれていれば、そんなかゆみからは開放されそうです♪